javaプログラマとしてのスキルを十分に身につけている人材はあまり多くはないこともあり、どの業界においても重宝される傾向があります。
そのため、求人募集も多くて転職において優位に立てるというメリットがあり、フリーエンジニアとして働くにも多数の案件を見つけられて有利となっています。

特にフリーエンジニアとなる道を選んだ場合には数多くの開発案件を請け負うことが可能であり、開発されたプログラムの保守等の受託をすることもできます。
こういったことから、プログラミングの知識を生かしてどういった仕事を行っていきたいかに応じて仕事内容を選ぶことが可能です。それに応じて余暇の取り方も変えることが可能であり、開発を請け負って自由な時間で開発を行うこともできれば、保守を受託して平日出勤という道も歩めるのです。

この種の方たちの休みの過ごし方として典型的なものが2つあります。
1つは既にjavaはかなり需要が高いため、将来的にも求人募集に事欠かないと予想して余暇をその他の趣味に費やすというものです。
もう1つは同業者が増えることを予想してスキルアップに励む傾向です。Web開発を担うためにはデザイナーとしての能力も重要となるため、デザイン専門学校に通ったり、通信教育を受けたりしてスキルを身につけることは有用です。

そうすることによって将来的にも高収入の仕事を受けられるようにするという傾向がjavaプログラマにはあります。