プログラマにとってIT業界で活躍するために必要なことは開発言語の習得ではなく、プログラムを開発するために必要なアルゴリズムなどの論理的な考え方と考えるのが一般的になっています。

しかし、それは典型的にはシステム開発を担う場合であり、よりよいシステムを開発するために必要な開発環境を選ぶところから始めることが重要になるからです。これに対して、フリープログラマを目指す場合やスキルアップとしてプログラミングを習得するという場合にはすぐに求人に応募できるように具体的な開発言語を絞って学んだ方がより効率的になります。

その注目すべき言語としてjavaがあります。
ブラウザ上で動作するプログラムを開発する方法としてphpを使うのが一般的でしたが、傾向としてより汎用性が高いjavaプログラミングが人気を集めるようになってきているからです。習得が難しい言語でもあることから担い手が少ないこともあり、フリープログラマとして仕事を探す際にも、就職先を求める際にもjavaプログラマとして自分を売りに出せることで重宝されることが期待できるのです。

特にWeb開発がIT業界でも一般企業でもトレンドとなっていることから、その需要の伸びは大きなものと期待することができ、求人は増加していく傾向にあります。一方で、Web開発に限らず一般的なプログラミングにも利用できることから開発言語としても将来性があるというメリットもあります。